実際のところPULZE(パルズ)ってどうなの?率直な使用感の口コミ・レビューをまとめてみました

実際のところPULZE(パルズ)ってどうなの?率直な使用感の口コミ・レビューをまとめてみました

2.5
パルズPULZE(パルズ)

電子タバコ・myblu(マイブルー)でもお馴染みの世界4位のたばこメーカー「インペリアル・タバコ・ジャパン」から販売されている「PULZE(パルズ)」。

そんなパルズは2段階の温度(315度/345度)で加熱できるなどこれまでにない機能を兼ね備えていることからも、IQOS(アイコス)、glo(グロー)、Ploomプルーム)に次ぐ第4の加熱式タバコデバイスとして今注目を集めています。

これから購入しようと考えている人もいると思いますが「実際の使用感はどんなものなの?」というのはどうしても気になりますよね。

というわけで今回は、パルズに関する口コミ・レビューなどをまとめてみました。パルズの購入・使用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね!

PULZE(パルズ)のいいところは?

まずはパルズを使用してみて、よかったと感じた部分について見ていきましょう。

満足できる吸いごたえ

パルズの加熱温度は2段階となっており、標準モードでは345度、エコモードでは315度となっています。

特に標準モードはアイコスに次ぐ高音であるため、その分プルームエスやグローよりはキック感があります。

アイコスには若干届かないかな?という印象も受けますが、パルズの専用タバコ・iDスティックの味もいいので、十分満足できます。

iDスティックが他のデバイスの専用タバコと比べても安い

アイコスの専用タバコであるヒートスティックが1箱500円オーバーなのに対し、パルズの専用タバコであるiDスティックは現状460〜480円と、比較的安く販売されています。

一箱あたりはたった数十円の差かもしれませんが、月あたり・年あたりで見れば、節約できる金額はかなり違ってきます。

タバコ代を節約したいな、という方にはメリットといえるのではないでしょうか。

ニオイが抑えられている

特にアイコスの場合、加熱式タバコの中でも最高温度を誇っていることもあるのか、独特の「アイコス臭」が気になる、という人も多いと思います。

ですが、パルズの場合はそうした高音加熱式タバコ特有のニオイがかなり軽減されています。

特にエコモードを使用した場合ほとんどニオイが気にならないので、これまで特有のニオイが理由で敬遠していた、吸う場面をかなり選んでいた、という方にオススメといえます。

セーフティーロックがかけられる

電子タバコ・VAPEを利用したことがある人にとっては馴染みがあると思いますが、パルズには他の加熱式タバコにはない利点として「セーフティーロック」がかけられる、という点が挙げられます。

特にこれまで持ち運び中の誤作動や、子どもが誤って起動させてしまうトラブルに見舞われたことがある人にとっては、安心材料ともいえますね。

PULZE(パルズ)の気になるところは?

物事には大体良い面があれば、残念だなぁと感じる面もあるものですが、ここからはパルズを使用していて感じる気になるポイントについてピックアップしていきたいと思います。

ワンステップ多い操作と立ち上がりの悪さ

操作に慣れてしまえばそこまで感じなくなりますが、2つのモードから加熱温度を選べるというパルズのメリットは、同時に他の加熱式タバコデバイスよりも操作に一手間かかる、というデメリットにも繋がります。

また、パルズについては、若干立ち上がりが悪いという印象を受けました。加熱完了後すぐに吸おうとするとスカスカで味がしないように感じるんですよね。

十分に熱が行き渡った後であればiDスティックの味もいいですし満足できるのですが、そのためには喫煙の残り時間を示すLEDランプが1つ消えるくらいまで待った方がいい、という印象です。

手入れにも一手間かかる

どの加熱式タバコデバイスでも長く使うためには掃除がマストと言えますが、パルズはここも少し手間がかかります。

まず、掃除をするにあたって爪楊枝やピンセットなどの代用品ではなく、パルズが用意している専用のクリーニングツールの使用が必須であるということ。

そして、そのツールのパーツが結構固くて取り外しにくいのが辛いポイント。そこはさすがメーカーの正規品、というところではあるのですが、もう少し取り外しやすいとよかったですね。

場合によっては爪が割れてしまう恐れもあるので、特に女性の方は気をつけた方が良さそうです。

PULZE(パルズ)の口コミ・レビューまとめ

今回は加熱式タバコ・PULZE(パルズ)の使用感について、メリットとデメリットの両方を紹介して来ました。

インペリアル・タバコ・ジャパンにとっては初の高音加熱式タバコデバイスということもあり、使いやすさなどの面であと一息、という側面も確かにあります。

ただ、iDスティックの味わいもよく、高音加熱式タバコ特有のニオイも少ない点、そして他の加熱式タバコにはない機能が搭載されているので、喫煙に対する満足感も大きいです。

現在は価格改定によりデバイス自体も3,000円以下で買えますし、専用タバコも他の加熱式タバコより安く設定されているので、気になった方はぜひこの機会にパルズを試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました