吸いごたえに定評があるPULZE(パルズ)のニコチン量は紙巻たばこに換算するとどれくらい?

吸いごたえに定評があるPULZE(パルズ)のニコチン量は紙巻たばこに換算するとどれくらい?

パルズPULZE(パルズ)

紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えようかな、と検討する際、各デバイスの特徴もさることながら、やはり一番気になるのは「吸いごたえ」なのではないでしょうか。

この「吸いごたえ」に関しては現状ではIQOS(アイコス)が一番切り替えの際に違和感が少ない、と言われています。

ですが、そんなアイコスに負けず劣らずの吸いごたえを感じられる加熱式タバコとして、最近注目を集めているのが、インペリアル・タバコ・ジャパンから発売されている「PULZE(パルズ)」。

では実際、パルズに含まれているニコチンの量はどれくらいなのか?紙巻きタバコに換算するとどの程度なのか?今回はそんな疑問に答えていきたいと思います。

PULZE(パルズ)のニコチン量はどれくらい?

さっそくですがパルズのニコチン量については、3R4F紙巻タバコと、パルズの専用タバコ・iDスティックとを比較したデータが販売元であるインペリアル・タバコ・ジャパンのHPの以下のページに記載されています。

当社の製品
Discover a career with no barriers

ちなみにパルズは約315度で熱される「エコモード」と約345度で熱される「標準モード」という2つの加熱モードが搭載されており、ニオイなどを抑えたいならエコモード、タバコ感を楽しみたいなら標準モードと、時と場合によって使い分けができる点が魅力ともいえます。

ただ、30度も加熱温度が違うと味わいの違いだけでなく、ニコチンやその他の成分量にも若干の差が生じるようです。

上記のページからもわかる通り、エコモードの場合はニコチンが約0.53mg/本、標準モードの場合は約0.65mg/本となります。

PULZE(パルズ)のニコチン量は紙巻きタバコに換算するとどれくらい?

パルズのニコチン量は0.53mg〜0.65mg/本、と数字で言われても、なんとなくピンと来ない、という方もいらっしゃるでしょう。

目安として、紙巻きタバコだとどんな銘柄が近いのかを一覧にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

銘柄タールニコチン
ウィンストン XS キャスターホワイト 77mg0.6mg
ウィンストン キャビンレッド 88mg0.6mg
クール ブースト 8/ブーストダブル 88mg0.7mg
ケント 66mg0.5mg
ケント・エス・シリーズ・66mg0.6mg
ケント・エス・シリーズ・スパーク・5 各種5mg0.5mg
セブンスター 77mg0.6mg
パーラメント・アクアブルー6mg0.5mg
ピース スーパーライト6mg0.5mg
マールボロ ゴールド6mg0.5mg
マールボロ ミディアム8mg0.7mg
マールボロ メンソール 88mg0.6mg
マールボロ アイス ブラスト マイクロ6mg0.5mg
マールボロ アイス ブラスト メガ 88mg0.5mg
マールボロ フュージョン ブラスト エイト8mg0.7mg
マールボロ ブラック メンソール8mg0.6mg
メビウス ゴールド・66mg0.5mg
メビウス スーパーライト6mg0.5mg
メビウス ライト8mg0.7mg
メビウス プレミアムメンソール 5 オプション各種5mg0.5mg
メビウス プレミアムメンソール 8 オプション各種8mg0.7mg
メビウス プレミアムメンソール フローズン 55mg0.5mg
ラッキーストライク ライト6mg0.5mg

PULZE(パルズ)のニコチン量についてまとめ

というわけで、ここまでパルズのニコチン量について、紙巻きタバコとも比較しながら紹介してきました。

比べてみてもニコチン量が極端に少ないということもなく、紙巻きタバコから加熱式タバコへ切り替えるにあたって、パルズなら違和感が少なそうだということを感じていただけたかと思います。

なお、パルズは現在割引中のため、本体を3,000円以下で入手できるようになっています。

この機会にぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました